製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #10

MP4/20はついに本命のメッキ調塗装に入れます。

が、問題が発生。オーブンに入れたところ、ケミカルウッドで作ったフロントウイングの一部が沸いてきました。
恐らく水洗いしたときの湿気がウッド内部に残っていたのが原因だと思います。
とにかく修正です。
フェザーエッジを意識しつつ削って、サフ→2液ブラックで修正します。
下地にラッカーを使っているので、いきなりウェットに吹き付けてしまうと下地のブラックに溶剤が染み込んで、ウレタンクリア層を持ち上げてしまうので、注意が必要です。
板金塗装でラッカーの上にウレタン厳禁と言われているのは、こういった修正が難しくなるのも理由の1つです。

確実に磨ける部分を磨いて、スジボリ周辺の盛り上がりを削り取って、メッキ調塗装に備えます。

レッド部分をマスキング。

シルバーはガイアカラーのプレミアムクロームシルバーを採用しました。セオリー通り優しく吹付けました。

この時点でメッキ感はかなりのものです。が、ものすごくおもちゃっぽいです。

1日自然乾燥させて、アクリジョンと精製水7:3で希釈したもので砂吹き~7:4でちょいウェットくらいで仕上げます。
この時点ではただのシルバーになってしまいますが、この後のウレタンクリア塗装である程度復活すると思います。

デカールを貼り付けましたが、SAPとMobilロゴが大きすぎてはみ出してしまいました。

HenkelとSCHUCOロゴは、大き過ぎて収まりません。
ノーズロゴはガレージキットですし、まあ仕方ないかと思う所ですが、これは擁護のしようがありません。
縮尺を間違えて発注してしまったのでしょうか。

デカールはMDで小さいものを自作しました。
デカールを貼り付けてラッカークリアを砂吹きしてデカールを定着させます。
この後軽く表面を削って、ブツを除いて、最終ウレタンクリアを吹き付けます。
ちなみに、アクリジョンでコートしたクリア層には、何の問題もなくデカール軟化剤を使用することが出来ました。

タイトルとURLをコピーしました