製作-1/20 McLaren MP4/22

Advertisements
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #11

MP4/20の製作記は今回が最後です。 デカールを貼り付け後、ウレタンクリアでコートしました。 デカールの時点で通常のモデル並みの膜厚が有る筈なので、いつもより少なめに吹き付けました。 今までただのシルバーだった色が一気にクローム...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #10

MP4/20はついに本命のメッキ調塗装に入れます。 が、問題が発生。オーブンに入れたところ、ケミカルウッドで作ったフロントウイングの一部が沸いてきました。 恐らく水洗いしたときの湿気がウッド内部に残っていたのが原因だと思います。 ...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #9

MP4/22はやっと塗装に入ります。 苦手な上にメッキ調カラーが上手く塗れるのやら... 塗装に入る前に、その辺に転がっていた真鍮棒で持ち手を作りました。 本体にはネジを埋め込んでいるので、回すと簡単に外すことが出来ます。 思い...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #8

キットはレインタイヤが付属されていたのですが、トレッドパターンが好みではない上に太さもイマイチな感じでした。 そこで今回もタイヤは自作してしまう事にします。 MP4/20で作ったデータを流用してNCで削り出しました。 両面を貼り合...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #7

先日NCで作った真鍮のフィンは ここに付きます。このあたりも定番工作ですね。 整形が続いていたボディはかなり仕上がってきたので、細かなフィンを取り付けました。 MP4/20の時は後付にして失敗したなと感じた部品です。 よく見て...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #6

ひたすら地味な下地作りが続くMP4/22。自分はサーフェイサー吹くまでが一番好きなんですが、皆さんはどうでしょうか。 ケミカルウッド部分のフィン(名前が分からん)はキットのメタル部品が使えそうに無いので、自作しました。 解釈が間...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #5

MP4/22はボディ側を加工していきましょう。 マフラー出口はガッツリレジンで塞がれています。このままではあんまりなので ドリルで肉抜きしてニッパーで大まかに切り取った後、リューターで切削します。 レジンは切削性が良いものの、...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #4

MP4/22はメタル部品の整形が続いています。 たいてい抜けていないチムニーのダクト。柔らかとはいえ金属だと掘るだけで一苦労。 今回は発想を変えて作業してみましょう。 いっそのこと横の面を思い切り削り取って 真鍮板で塞い...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #3

MP4/22は下準備が終わったので本体に取り掛かっていきましょう。 やはりガレージキットというだけあって、そのまま作るには色々と問題がありそうです。 リアディフューザーですが、明らかに変な部分にロアアームを取り付ける様になっています...
製作-1/20 McLaren MP4/22

製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #2

この手のガレージキットのF1を作る場合、非常に厄介なのがウイングフラップの組み立てだと感じます。 特にこの時代のF1の様な3D局面の隙間を調整するのは大きな労力が必要です。 今回もCADで描いて、CNCで削り出して楽しようと思います。 ...
Advertisements