製作-スタジオ27 マクラーレンMP4/22 #4

MP4/22はメタル部品の整形が続いています。

たいてい抜けていないチムニーのダクト。柔らかとはいえ金属だと掘るだけで一苦労。
今回は発想を変えて作業してみましょう。

いっそのこと横の面を思い切り削り取って

真鍮板で塞いでしまえば

少ない苦労でキレイに奥までダクトを抜けますね。細かい部分はパテで修正します。

バージボードも真鍮で作り直したい所ですが、面取りの様な造形が施されています。
自分の腕では真鍮板で面取りを再現するのは難しいので、この部品を使います。

変えられる部分だけ真鍮板で置き換えました。

整形したチムニー部品は接着面を荒らしておいて

エポキシで接着しました。スジボリを施す部分は予め彫り込んでおいて、パテで埋めて彫りを楽にします。

実車資料を見るまでも無く、このウイングは使えないと判断できます。
MP4/20で作ったバキューム型を使って自作します。

タイトルとURLをコピーしました