Building 1/20 McLaren MP4/20 #4

アンダーパネルとボディの境界のディテールを追い込んでいます。
そのままでも悪くはないのですが、実車はなだらかに繋がっています。

 

ワックスをボディ側に塗布して、ポリパテを盛り付けて整形します。
整形後はパコッと外れます。
薄くしたり厚くしたり大変です。

 

サスアームは面出しして、翼断面に整形した後、根元部分の形状を修正しています。
F1の場合、このあたりの仮組は特に入念に行います。

 

シャークフィンに相当する部分は、レジンが厚ぼったく、薄くしても欠けそうなので、真鍮板に置き換えた後パテでなだらかに整形しました。

 

バージボードの調整です。
ここはすんなりと決まりました。

置き換えた部品の集合写真を撮ってみました。
チムニーはアルミ板を叩き出して作り直しています。

 

ツノは実車だと一体成型みたいなので、接着してしまいました。
これのおかげで磨きは大変になってしまいます。

 

ミニウイングとリアのディフューザーはバキュームで作り直しました。
ミニウイングは後でパテを盛って厚みを加えます。

 

良い3D感が出ていると思います。

タイトルとURLをコピーしました